ATMやCDでキャッシングする時の手数料

サッと借りてしまって、お財布も安心、このようにキャッシングは確かに便利なことこの上ないものです。しかしどこのATMを利用するのか、あまり意識してないことが多いのではないでしょうか。すぐに借りたいから最初に見かけたATMでキャッシングしてしまう、ということはよくあるのですが、気になるのは手数料です。

 

ATMでの即日キャッシング時には(返済時にも同様に)手数料がかかってしまうことがあります。便利だからと何度も借り入れしていると、ちりも積もって大きな金額に手数料が達していることもあるほどなのです。

 

しかし、消費者金融では自社ATMを全国にたくさん設置しているところもあります。自社ATMなら利用手数料はかからないのです。こまめに借りても支払うのは利息のみとなるわけです。

 

銀行カードローンでは当然発行している銀行のATMは利用手数料がかからないでしょう。提携しているATMも手数料がかからない銀行カードローンもありますね。バンクイックなどは三菱東京UFJ銀行のATMだけでなく提携コンビニのATMなども利用手数料が無料となっていますね。

 

ただし、中には1ヵ月間無料でATMが利用できる回数が限定してある銀行カードローンもあります。自分が借り入れと返済をどれぐらいの頻度で行っているのかということでどの銀行カードローンを選ぶと良いのかが分かってきそうですね。

 

ATMやCDの利用手数料はもう一つの金利と言われているほど、利用者にとっては多くなれば負担がかなりのものになります。上手に即日キャッシングを活用するためにも、申し込み前にATM利用手数料は確認しておきましょう。

いくらまでキャッシングできる?

お金を借りたい!1万円必要だから1万円だけキャッシングしよう、友人の結婚式で5万円あればお祝いと服代で足りるかな…このように具体的に金額の計画を立てて借り入れすることはとても重要なのです。

 

借りるのなら多ければ多いほどよい、こう考えてしまう方もいらっしゃいます。いくらでも借りたい、と考えてしまうといったいいくらまでキャッシングできるのか、ときになってしまいますね。

 

もちろんキャッシングは無限ではありません。借り入れを申し込んだ段階で行われた審査によって、申し込み者がいくらまでキャッシングできるかということが決まります。キャッシングできる最大の金額を限度額あるいは借り入れ極度額といったように呼びます。

 

いくらまで借り入れできるのかはこの限度額によって簡単に分かります。しかし、申し込みをした金額が限度額に必ずなるのではありません。50万円借りたいと申し込みをしても、20万円しか限度額が設定されないことも当然あります。

 

さらに、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは貸金業法に基づいた借り入れとなりますから、借入額を合計して年収の3分の1を超えることができません。例えば年収300万円の方は、貸金業者からの借り入れは総合計が100万円を超えることができないのです。

 

キャッシングをする時には「せっかく借りられるのだから多めに借りてしまおう。」「何度も借りるより一度に借りてしまったほうが面倒は少なそう。」と考えがちですが、理由もなく多めに借りた金額にも当然利息はかかります。無駄なお金を払うよりも本当に必要な金額だけを借り入れるようにしたほうが良いでしょう。